【ご注意】会員様外での緊急処置相談は営業時間内¥3,500、時間外は¥5,000となります。
スポンサーリンク
ブログ

体調管理は大丈夫でしょうか

インフルエンザやノロが流行っておりますが、皆様、体調管理は大丈夫でしょうか?

今月support of smileではいろいろなお仕事を頂きました。御利用ありがとうございます。
メンタルカウンセリングはもちろんのこと、ドッグカウンセリングも御好評頂きまして大変ありがたく恐縮しております。
さて、今月のドッグカウンセリングでの質問等を簡単な解説を付けて、皆様にも知っていただこうと思います。

「ハイジさんは本当に動物と会話ができるのか?」
これは正直、YESともNOとも言えません(同じ立場ですので・・・)。動物が大人しくなっていると皆様言いますが、アイコンタクトが大事な動物には瞬きのタイミングと言うものがあります。それがきちんとされていますので、動物の研究者であることに変わりはありませんし、アニマルカウンセラーとして長年活動されているのも事実です。

「ドッグトレーナーにはボールをきちんと渡して、飼い主には渡さず遊んでいる」
ドッグトレーナーはボール遊びを教えているわけではありません。犬にとっても仕事として認識を持つ子もいます。とくにボール遊びになりますと飼い主様のメリハリが必要になってきます。笑顔で「持って来い」と言われても、愛犬は仕事ではなく遊んでくれているという認識が強かったりします。なので反対に真面目な顔で笑顔をなくすと持ってくるようになる子もいます。ですが、愛犬にとってそれが良いことなのでしょうか?ボールの一つ持ってこなくても、飼い主様と無邪気に遊べる子のほうが本当に絆と信頼を結べていると思います。この方の愛犬はとても良い顔をしてました。

「犬って笑いますか?」
まず犬だけではなく、どんな動物も多種生物の表情を読み取ることが出来るというのはオーストリアのウィーン獣医大学、動物行動学の研究者たちにより実証されています。
そして、近年洋犬が増え、室内飼いされている家庭も多く、人と密着した生活を送る時代になり、笑う・泣く・怒ると言った感情表現が出来るようになったことも実証されています。
研究は室外飼いのグループと室内飼いのグループに分け、9年ほどの年月をかけて観察されたものですが、明らかに室内飼いは表情の差が出ておりました。主人が泣くと口を閉じ寄り添ったり、笑うと口を開けたりする子が明らかに多かったのです。「そして眼は口ほどにものを言う」と言いますが、眼の表情があからさまに違いました。これはその他、ハムスターや猫なども実証されています。
犬と人は違う生き物なので人に当てはめてはいけないと言いますが、こういった研究結果は人間の物差しでいいのではないでしょうか?そのほうが愛犬に対しての愛情も、一入深いものになると思います。

「唸ることがなくいきなり噛みつく」
威嚇がなくいきなり噛みつく理由は、子犬の時の社会性に問題があります。3ヶ月は親兄弟と過ごさせるという基本が、残念ながら今の時代はありません。悪徳業者は小さいほど人に慣れると煽り生後45日~50日の子犬を販売します。親兄弟と過ごす事で、まずは犬の世界のルールを知ります。じゃれあいも加減を知る為の大事な遊びで、その中でもう嫌だと思ったら威嚇することを覚えていきます。生まれたての子犬を保護するのも、親兄弟と過ごしていないだけにルールを知らない子が多いです。愛犬に社会性がないと思う場合は、人好きに育てたいから人に触ってもらいたいと思っても、他人に触らせないことが必要です。慰謝料を請求されるだけです。大人になってからでは社会性は築きにくいです。

長くなってしまいましたので、今回はこれで終りたいと思いますが、support of smileより最後にお願いがあります。
カウンセリング業は予約を受け付けて、時間単位で活動しており、時間が不明で○日ぐらいと言われれば、いつでも動けるようにその日を空けて待機しております。
ですから、キャンセルがある場合は御一報頂けますと大変助かります。依頼したままで放置をされますと、他のお客さまにもご迷惑がかかりますのでご協力をお願い致します。

タイトルとURLをコピーしました