【ご注意】会員様外での緊急処置相談は営業時間内¥3,500、時間外は¥5,000となります。
スポンサーリンク
ブログ

独りぼっちの小さな命

7月23日の夕方から、四万十町の保護グループ「わんにゃんプロジェクト」様から小さな命を保護しています。
生まれて一日か二日目くらいで母犬が亡くなり、兄弟も亡くなって一人ぼっちになった小さな命です。

目も開いておらず、母乳が飲めていないので免疫力がありませんから、目を離すことが出来ません。
目が離せるのは、ミルクを与えて排泄が済んで2~3時間ぐっすり寝る時だけです。しかし、先に申し上げた通り、母乳が飲めていない子は免疫力がないために、何もなく寝ていても空気中の菌により感染症にかかってしまったりして危険に晒されているので気が抜けません。現在は順調にミルクを飲み、排泄もしっかりしてくれています。助かったこの命を消さないようsupport of smileも手を尽くし心して育てていきたいと思います。

そしてお客様方にはまたしてもご迷惑をおかけいたしますが、ご協力を仰ぎたい次第です。
とくに四万十町(窪川近辺以外)より遠方の会員様、健康チェックにお伺いするにあたり2時間以上の時間を要する会員様は、ライン・スカイプを使ったビデオ通話にてご利用いただくか、予約日の変更をお願いいたします。該当する会員様にはラインを使ったメッセージを、個別に送らせていただきます。メッセージの届いていない会員様は該当いたしませんので予約日の変更等ございません。

大変申し訳ございませんが、一般のお客様による予約は8月20日まで受け付け不可とさせていただきます。

そして看板犬アルクの様子も少し・・・。
初めて目の開いていない赤ちゃん犬を見たアルク。遠巻きながらも臭いでわかるようで、赤ちゃん犬が鳴きだしたら、鳴いてるよ~と呼びに来てくれています。やんちゃな3~4か月の子犬には厳しいアルクですが、赤ちゃんには優しくできるようです。
*免疫力の無い子犬に、他の犬を触れさせるのは危険なので、アルクの手の届かないところで保護しています。

今回、この小さな命を保護するにあたり、四万十町の保護グループ「わんにゃんプロジェクト」より、ドッグミルク、タオル、バスタオル、ウェットティッシュをご寄付いただきました。ありがとうございます。

現在、この子は飼い主様が決まっておられますので、里親募集のお問い合わせはご遠慮ください。
成長のご報告はインスタグラムを使って報告させていただきます。
support of smileのインスタグラムは 【こちら】

タイトルとURLをコピーしました