【ご注意】非会員様の応急処置相談は営業時間内¥5,000、時間外は¥10,000となります。
スポンサーリンク
ブログ

マイクロチップ義務化

暑い日が続きますが、愛犬と共にいかがお過ごしでしょうか?
愛犬たちにも熱中症がありますので、涼しい場所で過ごせるようにしてあげてくださいね。

今日は6月1日より始まった「マイクロチップ義務化」のお話。
(義務化されたのは、ペットショップやブリーダーなどの生体販売業者です)
いろんな考えがあるので、飼い主様同士が議論もされていますね。

support of smileは推奨派です。
看板犬アルクも日向も、去勢や避妊手術の時に装着させました。
(痛みが可哀想なので、麻酔を打つとわかっている時に済ませました)

過去、アレルギー発症やマイクロチップが原因で亡くなったなどの事故がないからです。

そして何よりも被災した時、逃げだした時など、離ればなれになってしまった時の為です。

被災した時などは一番大変です。
全国の愛護団体が動いてくれて救助してくださいますが、被災した場所でいつまでも飼い主探しをしてくださるわけではありません。施設のある場所に連れ帰ります。

被災地と愛護団体の施設が、日本の端から端だった場合、どうなると思いますか?

マイクロチップ無しでは、飼い主様の元に帰れる確率はありませんし、新しく里親探しをされるだけです。

私はアルクも日向も手放す気など毛頭ありません。
生きているのか、死んでいるのか、いつか帰ってくるだろうかなどと、不安に駆られる日々は過ごしたくありません。

実際、アルクが家を飛び出して2日間帰らなかった日がありました。
保健所に電話をしてマイクロチップが入っていますと伝えたところ「ありがとうございます!助かります。可愛がっていらっしゃるんですね」と言ってくださり、嬉しくなりました。
獣医にアルクと日向のマイクロチップをお願いした時も「大切にされているんですね」と言っていただけました。

私もペット関連の仕事をしておりますので、正直なところ、マイクロチップを入れていないということは、飼い主としての責任を、最後まで負うつもりがない方のように思ってしまいますし、愛犬と離れ離れになっても構わない飼い主様という目で見てしまいます。

「体に異物を入れるなんて酷い」「痛いのは可哀想」そう思うお気持ちはわかります。

ですが、先にも述べたように、アレルギー発症や死亡例はないんです。

愛犬が自分の元へ帰ってこなくていいんですか?

被災だけではなく、血統書付きのペットなら盗難もあります。

4月27日にペットショップからチワワを盗んだ女性が、マイクロチップのおかげで逮捕されましたね。
これはペットショップでしたが、過去にもご主人が買い物中に、待たせていた愛犬が連れていかれ、マイクロチップのおかげで御主人の元へ、無事に帰ることが出来たという事件は何件もあります。

首輪は取り替えることもできますし、風化して切れてしまうこともあります。
まして、室内飼いが多くなったことで、首輪をしていない個体はよく見かけます。
鑑札も1年後には風化して登録番号が見えなくなることも多いです。
そしてマイクロチップがなければ遺棄されることも多く、犯人は捕まりません。

名札を取り付けることが難しい生き物ですからマイクロチップなんです

ですから、support of smileとしては、マイクロチップを異物扱いして欲しくありません。

異物として考えず、メリットに目を向けていただいて考慮して欲しいと思います。
業者のみではなく、一般家庭でもマイクロチップが普及するよう願わずにはいられません。

タイトルとURLをコピーしました