【ご注意】会員様外での緊急処置相談は営業時間内¥3,500、時間外は¥5,000となります。
スポンサーリンク
ブログ

接客とプライベートの線引き

9月も早や下旬を迎え、気が付けば「令和」になってから4か月も経つんですね。
毎日「時間がない」「あれをやらないと。これもやらないと。」という日々を過ごす中、愛犬が天命を全うされたお客様が数人もいらっしゃり、私自身も深い悲しみを感じておりますが、皆様は愛犬と共にいかがお過ごしでしょうか?

まずはいただいた質疑応答を掲載させていただきます。

Q1) 里親募集の子犬は、すぐに引き取らなければいけませんか?
A1) 受け入れ準備が整ってからで構いません。その間の生活はsupport of smileで責任をもってお世話させていただきますし、訓練(主にトイレ)が必要でしたら行わせていただいています。保護主として里親募集した子が幸せになるための責任だと考えておりますゆえ、無料でさせていただいています。
【注意事項】
*子犬はまだ集中力がないので完全な訓練ではありません。
*混合ワクチン接種代のみお支払いいただいています。
*里親様決定後の預かり無料期間は2か月内となります。

Q2) LINEより電話でお話をしたいのですが?
A2) 一人営業にてカウンセリング中はお電話に出ることができないことも多々あります。ご迷惑をおかけしてますことは重々承知しておりますが、救急対応以外のお電話以外はなるべくLINEメッセージにてお願いいたしております。ご協力よろしくお願いいたします。

Q2-1) スマホじゃない・インターネットができない
A2-1) メインはLINEを含むインターネットメールの受付となりますが、お電話はこちらからの折り返しを待つつもりのお気持ちを持っていただいたうえで着信を入れてください。

さて、8月に賛助会員入会がございましたが、愛犬倶楽部への移行となり、愛犬倶楽部に新しい会員様が増えました。ありがとうございます。
賛助会員から愛犬倶楽部の移行となったきっかけは健康チェックです。悪いところがないかを早期で発見できるよう、月一度ご予約日に訪問させていただき、気になることはないかご相談も受け付けさせていただいているサービスです。また24時間365日で救急対応をしております。

愛犬倶楽部より賛助会員の料金を格安にさせていただいているのは、この健康チェックがございません。また応急処置対応もお電話かLINEのみ、営業日、営業時間内となっており24時間365日対応ではございません。賛助会員は基本的に3つのサービスを提案し、おひとつ選んでいただく形ですのでご了承ください。
詳しくはホームページ「サービス・料金」にてご確認ください。

以前にも申し上げましたことではありますが、愛犬倶楽部を「高い!」と感じる方が多いのは承知しております。ですがsupport of smileは破格といってもおかしくない料金体制だと思っております。ドッグカウンセリングは通常1時間¥7,000~¥10,000、内容はしつけや訓練のみで、応急処置の対応はどこもしていません。support of smileは月会費¥5,000のみで何度でも相談受付をさせていただいておりますので、いかに安いかはご理解いただけると思います。ただし、診察や治療とは違いますので早期で怪我や病気を治すことはできません。

お話は変わりますが、ここ数か月でお客様より仕事のことについてお話を3名の方からいただきました。大阪に帰ってペット事業を共同経営しないかというお話(別の方からも以前ありましたが・・・)であったり、愛想のいい接客をするからぜひうちに来てほしいと言っていただいたり、介護ホームで働かないかというお話をいただいたりしました。信用していただいているからこそ頂けるお話だと思いますが、すべてお断りさせていただいております。これから先も申し訳ありませんが、この類のお話はお断りさせていただきます。大阪に帰るということや自由が利かない職場では、アルバイトだけではなく、ドッグカウンセリングという仕事を辞めるということにも繋がります。
また他にも、共同経営は譲れない考えがあるときや金銭で必ず仲違いしてしまう原因になりますし、私のうわべしか知らない状態で仕事の紹介などは、雇い主様と紹介者様を幻滅させてしまうことにもなります。紹介者の顔を潰すわけにはいけないと私にもプレッシャーがかかります。
そして重要なのは、今現在のアルバイト先は犬の仕事を続けさせてくださっています。保護犬や寄り添わないといけない子との同伴出勤、予約に合わせてシフト変更、勤務中の途中抜けなどを協力してくださっています。正直、そんな職場がどこにあるというのでしょうか?

下記に記すことは、お客様には気分の悪いお話かもしれません。ですがドッグカウンセラーという立場上、利用するお客様には身近に感じる存在で、お友達関係を求められることもありますので、かなり悩みましたが「接客とプライベートの線引き」について少し書かせていただきたいと思います。

私はこの犬の仕事を辞めるときに、実行するとわかっている行動があります。
元常連さんでも相談にのらない、友達付き合いはしない、その為の携帯電話番号の解約です。友達という言葉を借りて「お願い」をされるようになるからです。ボランティアだと相談者が増えてしまうのが世です。それが元でドッグカウンセリングとして開業した経緯もあります。
私自身の性格上、線引きをする考えを持っていて、これは曲げることはありません。きちんと線引きすることで接客ができるからです。
高知県の田舎と呼ばれる地区で「は?」と思うような上から目線の接客をするお店をよく見かけますが、接客とプライベート、その線引きがきちんと出来ていないからこそ起こる問題だと思っています。

職の紹介のお話に戻りますが、紹介してくださる方々は、皆様「先生の為に」とおっしゃていただいてます。ですが、上記の理由により私自身は望んでおりませんのでご周知ください。

私の代わりが務まるアルバイト先への人材紹介でしたら求めています。それはドッグカウンセリングを自営業として確立すべくすでに動き出しているからです。

格安の土地や空き店舗の情報でしたら求めています。場所が決まらなければ足止め状態だからです。

support of smile登録保護ボランティア様でしたら求めています。ですが、それは「support of smileの為」ではなく「犬の為」という方のみです。

これはただの戯言ですが、一番驚いたのは「うちに来てほしい」と自営業の方でお話をいただいた時、接客が良いという理由だけではなく、外見のイメージも当てはめていただいたようで・・・。
自営内容はネット上申し上げられませんが、綺麗なものに包まれている自営業です。私自身はそれらに興味がないので縁遠く、中身もそのイメージからかけ離れていますが(^^;

嫌なお話ばかりも皆様の気分を害しますので、看板犬アルクの様子も書かせていただきます。
最近、子犬とじゃれ合うことでまた一回りアルクを成長させてくれました!今までの乳飲み子にはそっと近づいて様子を見ていたアルクですが、やんちゃ真っ盛りの子犬たちと遊ぶことで、どれが子犬かわからない状態になっていましたが、ガウガウ追っかけまわして遊ぶと子犬が逃げてしまうことに気が付き、フセをしたりゴロンと横になったりして「おいで~」と誘うようになりました。体に乗っかられても、頭を踏みつけられても優しく受け入れることが少しずつできるようになり、とても良いお勉強をさせていただいてます。もちろん、アルクに対する愛情ならぬ「愛」もどんどん深くなって、いつでもどこでも傍にいたいと飼い主バカを発揮しています。問題は、やはりアルクが女の子だったら・・・と思わずにはいられないところですね(笑)。

★☆★support of smileよりお知らせ★☆★
予定では年度末に受付体制が変わります。
営業日営業時間内は固定回線での受付になります。時間外の会員様による救急受付はライン電話にて受付とさせていただきますので宜しくお願いいたします。

LINEのホーム画面から公式アカウントを選んでいただきましたら、アイコンをクリックします。
すると左の画像のような画面がポップアップされますので、右下の電話の受話器を押しますと通話できます。
表示されている電話番号はクリックしないでください。有料通話となります。

タイトルとURLをコピーしました